塗装と中国経済低迷

PR|新築 一軒家を建てるならこちら

週末に発表されました中国経済指標は、鉱工業生産、インフレ率、小売売上高がいずれも前月と同じように低迷し、中国経済の鈍化を裏づける形になっているようです。
中国が予想外の利下げに踏み切ったのも、景気の悪化を食い止め、中国経済への資金流入を促すことを狙った措置とみられます。色々やっていますね(;一_一)
鉱工業生産は前年同月比9.6%増加。市場予想の9.9%増を下回り。
小売売上高も市場予想の前年比14.3%増を下回る13.8%増となり、2011年2月以来の低い伸びにとどまっているようです。
固定資本投資も年初来ベースでほぼ10年ぶりの低い伸びで推移しています。
消費者物価指数は予想を下回る前年比3.0%の上昇となり、前月の3.4%上昇から伸びが鈍化しました。経済の鈍化が進んでいますね。
生産者物価指数は前年比1.4%低下し、低下幅は市場予想の1.1%を上回り、3カ月連続のマイナスとなりました。
前までは中国は世界の工場と言われていましたが、もうすでに今では昔の話になってきているようですね。
中国経済も少し気になる所ですが日本経済がもっと活性化すると良いですね。
景気が良くなればみなさんきっと塗装もしてくれるようになると信じています!

全身脱毛 どこがいい|MY2-Link|ショッピングカート設置|SEO|ページランク別相互リンク集|心の童話|相互リンク|オーディオ|童話集|seoリンク|相互リンク募集中|驚愕頭部|全身脱毛どこがいい|PageLink|PageRankExpolreオ|